SEARCH

見つけた! わたしのイイ仕事

2020.02.16

仕事がいい気分転換に!
背筋も伸びて日々充実です

PROFILE

株式会社 フォルム
清掃スタッフ
中泉さん (59歳)

勤務歴約10年。夫と2人暮らし。
趣味は食べ歩きで、休日は夫と一緒にいろんな
お店に行くことが楽しみ。

結婚後、長年専業主婦として家庭を支えていた中泉さん。40代後半になり、親の介護をはじめ将来のことを見据えて清掃の仕事を始めた。理由は、仕事の身近さだったと中泉さんは話す。

「私の父が最後にやっていたのが清掃の仕事でした。父からは大変だけどやりがいがある仕事だと聞いていました。それに専業主婦で家の中にこもりがちだったので、どこかモヤモヤしていたんです。清掃の仕事なら体を動かせるし、気分転換にもなると思い応募しました」

実際、最初の頃は靴の中まで汗でビッショリになるくらいの運動になったそう。また、職場には同世代の女性が多く、休憩時間にちょっとしたおしゃべりも楽しめてよい気分転換になったという。しかし、清掃の仕事の経験は皆無。約12年間、専業主婦だったため働くことに不安はあったと話す。

「始める前は私に務まるのか心配でした。特に長い時間働けるのかがすごく不安でした。最初の1週間くらいは大変でしたが、だんだん慣れてきて『1週間続いたから3週間、3週間続いたから1カ月、1カ月続いたから3カ月、3カ月続いたから1年』と、石の上にも3年ではないですが、続けていくうちに仕事もどんどん覚えていき楽しくなってきました。また、先輩の方々もモップの使い方や雑巾の絞り方まで、丁寧に教えてくれたのも仕事を続けられた理由だと思います。エスカレーターの掃除の仕方やゴミ袋の片付け方など、知らないことばかりだったので毎日新鮮でした」
現在は、会社が提携しているホームセンターのフロアや駐車場の清掃を担っている。そんな中泉さんは、あるポリシーを持って仕事に向き合っている。

「常に身なりをキッチリするようにしています。私たちがだらしない格好をして掃除していたら、説得力がありません。使う道具の整理整頓も日々ちゃんとするように心がけています」

もちろん、清掃そのものも丁寧に行っている。中泉さんの努力もあり、ホームセンターのフロアはいつもキレイで心地よいと評判。ホームセンターの従業員や利用するお客さんから声をかけてもらうこともあるそう。

「『いつもありがとうございます』や『ここはいつきてもキレイで気持ちいいわ』と声をかけていただくことがあります。この仕事をしていてよかったなと思います。まだまだやれることはあると思うので、もっと時間をうまく使って効率よく仕事をしたいです」

MESSAGE

上司からのメッセージ

ひとつの汚れを落とすのにも、常に一生懸命に向き合ってくれています。また、中泉さんは決められた仕事はもちろんのこと、主体的に+αのことをしてくれます。ルーティンに沿ってキレイに掃除できる人はいますが、自分で考えてここまでできるスタッフはそうはいません。

DATA

株式会社 フォルム

東京都国分寺市042-320-5144

首都圏を中心にスーパーマーケット、ディスカウントストアなどを展開し、多彩な商品を取りそろえ、暮らしを支える「Olympic」のグループの一員として誕生。店舗などの設計・施工・維持管理などを行う。清掃業務では、独自の教育制度を設け「美」にこだわる清掃を実現する。