SEARCH

見つけた! わたしのイイ仕事

見つけた! わたしのイイ仕事

スマホやタブレット、家庭用ゲーム機……
デジタルゲームばかりでちょっと心配

「ステイホーム」が叫ばれている現在、家で過ごす時間が増加しています。ゆっくりできるのはいいものの、家での時間の過ごし方に頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか。

特に外で思いっきり遊びたいけど遊べない子どもたちのストレスは相当なもの。そんなとき、多くの子どもたちが遊びがちなのが「ゲーム」。スマホやタブレットが普及し、家庭用ゲーム機も充実。子どもたちが夢中になるアプリやソフトが各所からリリースされています。しかし「親としてはちょっと心配」そう思っている人もいるのではないでしょうか。そこで、今回はデジタルなゲーム以外でも、お家時間を楽しめる方法を紹介します。
まずは「アナログな知育玩具」。例えば、老若男女が楽しめるお馴染みのトランプ。一般的なカードを使い「神経衰弱」や「七並べ」といったゲームを楽しむのもいいですが、小さなお子さんにおすすめしたいのが「知育トランプ」。動物や乗り物、漢字などが描かれているカードを使い、遊びながらモノの名前や数の数え方を学べるものが各社から発売されているので、子どもたちが興味を持ちそうなカードを選び遊ばせるのはいかがでしょうか。

また、最近では家族みんなで遊べるボードゲームも、大人には懐かしく子どもには新しいようで人気が再燃。頭の回転の早さが問われるものやちょっとした経済の仕組みや経営を学べるものなど、多種多様なゲームが発売されています。遊びながらちょっとした「学び」を得られるのでおすすめです。
ベランダが非日常空間に!
今話題のベランピングとは?
公園にも出かけられず、子どもの運動不足を心配している方におすすめしたいのが縄跳び。子どももひとりでできますし、庭や家の前など最小限の場所で安全に楽しめるのがいいところです。おまけにお金もかからず、しっかりとした運動量を確保でき、基礎体力の向上にもつながる優れもの。また、子どもだけではなく親も一緒に楽しめるので家族のコミュニケーションにもつながります。程よい疲労感で、子どもたちも夜になればぐっすり眠れるはず。

もう一つおすすめしたいのが、少しずつ話題になっている「ベランピング」。「ベランダ+グラマラス+キャンピング」の造語、昨年くらいから注目を浴びている過ごし方。テントを張ったりテーブルや椅子をセットして、そこでゆったりと過ごすだけで家の中では得られないワクワク感を楽しめるんです。その空間で食事をしたり、本を読んだり、先述したアナログなゲームで遊ぶだけでよい気分転換に。

こんな時期だからこそ、普段できない遊びをしてリフレッシュしましょう。
主婦・シニアの働くを応援! ユメックスネット