SEARCH

見つけた! わたしのイイ仕事

見つけた! わたしのイイ仕事

2021.02.14

託児所付きで安心して仕事ができる
働くママに優しい職場です

PROFILE

社会福祉法人 恵比寿会 フェローホームズ
機能訓練指導員
吉田さん (39歳)

入職9年目。夫と3歳の長女、2歳の次女の4人暮らし。
休日は子どもたちと公園に行くことが日課。

社会福祉法人 恵比寿会 フェローホームズで機能訓練指導員として働く吉田さん。
機能訓練指導員は、病気や怪我、高齢などの理由で身体を思うように動かせない人に対して、日常生活を営むために必要な身体機能の改善や現状の能力維持に向けた指導などを行う役割を担っている。吉田さんがこの仕事を志したのは学生時代のときだったという。

「母が病院の医事課に務めていたこともあり、将来は漠然と看護系の仕事に就きたいと思っていました。そんなある日、祖母が脳梗塞で倒れたときに、リハビリに関する仕事があることを知ったんです。身体的なことはもちろんですが、患者さんの心の支えになる仕事であることに強い興味を覚えました」

そうして、専門学校の作業療法学科を卒業した吉田さん。卒業後は、介護老人保健施設や病院などで勤務。そして2012年の6月に現在の法人へ転職をした。
「病院では急性期の患者さんを主にみていました。そのとき、いかにリハビリが大切かを強く実感しました。お年寄りが好きだったこともあり、もう一度高齢者施設で働きたいなと思うように。それに、こちらの面接をうけたときにスタッフの方々の挨拶が気持ちよくて、働きやすそうだなと思いました」

そう、転職理由を話す吉田さん。さらに出産しママとなり、こちらで働くメリットを実感しているという。

「子どもを授かったとき、仕事を続けるかどうか悩んでいました。そのとき、ちょうど施設内に託児所ができることを知って預けることに。送り迎えの手間もありませんし、職場から子どもたちが中庭で遊んでいる様子も見られます。おかげで安心して仕事を続けられるようになりました」

現在は、看護師や介護スタッフとともに約180名の利用者の身体機能の改善や能力の維持に向けたプランの作成や訓練を担っている。利用者からはもちろん、一緒に働く介護スタッフから感謝の言葉をもらえたときに喜びを感じるそう。そして、利用者のためさらなるキャリアアップを目指していると話す。

「福祉機器は日々進化しています。その機器を使い新しいリハビリにチャレンジしたいと思っています。次は認定作業療法士の資格取得を目指したいと思います」

MESSAGE

上司からのメッセージ

ご利用者さまだけではなく、同僚にもいつも明るい笑顔で接してくれる吉田さん。法人内の3施設約180名の利用者さまのために走り回り、いつもわかりやすいイラストや写真を用いてアドバイスをしてくれます。そのため、利用者さまや法人内で厚い信頼を得ています。これからもみんなの寄りどころとしてがんばって欲しいです。

DATA

社会福祉法人 恵比寿会 フェローホームズ

東京都立川市042-523-7601

高齢者事業、子ども事業を中心に、現在立川市内に15事業所、28事業を運営。今年で創業30周年を迎える。高齢者から子どもまで「地域まるごと」を幸せにすることができる社会福祉事業に取り組んでいる。
(取材先/フェローホームズ森の家)