SEARCH

見つけた! わたしのイイ仕事

2019.09.22

利用者さまの笑顔のため
皆で取り組めるのも魅力

PROFILE

社会福祉法人健誠会  南麻布開設準備室
ケアマネジャー
佐藤さん (34歳)

入社約2カ月。6歳の子どもの母親。
休日は娘と公園で遊んだり、
キャラクターショーのイベントに出かけている。

「ケアマネジャーとして、利用者さまやご家族の方とゼロから信頼関係を築くのは時間もかかりますし、大変なこともありますが、その分やりがいもありますよ」

そう話すのは社会福祉法人健誠会でケアマネジャーとして働く佐藤さん。高校卒業後、医療系の専門学校に進学し、以来介護の道一筋で働いている。

「元々、おじいちゃんやおばあちゃんが好きだったこともあるのですが、高校生のとき、コミュニケーションに障害を持つ方とお会いしたときに、言語聴覚士の方の仕事ぶりを拝見したことがきっかけで福祉系の仕事に興味を持ちました」

専門学校を卒業した後、介護施設へ就職。現場で経験を積み、介護福祉士の資格や事業所の管理者を務めるなど確実にキャリアアップを果たしていった。その後、妊娠を機に退職したが、その間も自身の成長のために時間を費やした。

「妊娠して現場を離れたのですが、その時間も有効に使いたいと思いケアマネジャーの資格取得を目指し、勉強をしました」

無事、出産前にケアマネジャーの資格を取得した佐藤さん。彼女がここまでがんばれるのは、介護の仕事に大きな魅力があるからだと話す。

「ケアに携わった方が元気になる姿を見られることや、やりたいことを実現されていく過程に携われるのはとても魅力だと思います。特に今はケアマネジャーという立場なので、ご本人様やそのご家族、サービスを展開する事業者さんなどいろんな方と関われます。みんなで取り組めるのもこの仕事の魅力だと思います」
そんな佐藤さんは、今年の8月に同法人に転職。開設準備室の一員として、来春に開業をする新しい施設の立ち上げを任されている。

「開設に向けて名称を決めたり、どのようにケアをしていくかといったことから、ユニフォームや必要な物品の精査などをしています。今後は、施設としての思いやケアの考え方をレクチャーする研修などに取り組んでいく予定です。開設後はご本人様の意見やご家族の思い、さらに現場の職員の声を汲み取り、みんなが笑顔で過ごせるような役割になれればよいと思っています」

MESSAGE

上長からのメッセージ

現在、佐藤さんが働く準備室は少ない人数でやりくりしています。
その中で大切なのが職場の雰囲気。佐藤さんは明るくて人柄もよく、
いい雰囲気をもたらしてくれています。仕事も頼りになって心強い存在です。

DATA

社会福祉法人健誠会

東京都港区03-5843-0975

医療と福祉・介護のトータルサービスを提供。利用者の個性を大切にしたケアで自然と笑顔が溢れる支援を心がける。「ホスピタリティNo.1」を掲げ、地域に愛され信頼されるメディカルグループを目指す。