SEARCH

見つけた! わたしのイイ仕事

2019.10.13

人生の励みになる
40人分のおいしかった

PROFILE

株式会社ニチダン
調理員(店長)
関山さん (60歳)

入社約7年。契約社員。調理補助として入社し、2年ほどで調理員に。
休日は御朱印集めや孫と遊ぶのが楽しみ。

「工場で働く皆さんから『ごちそうさま』や『おいしかったです』と声をかけてもらえるのが、何よりも励みになります」

そう話すのは、株式会社ニチダンで調理員として働く関山さん。同社が提携する福祉工場の食堂を切り盛りする店長として、調理補助のスタッフたちと約40食分の料理の仕込みから調理、盛り付けを担っている。

「福祉工場には高校を出てすぐの若い方から年配の方もいらっしゃいます。当然、好みも皆さん違うと思いますが、少しでもおいしいものを作れるよう日々努めています。なかには今まで作ったことのないレシピが出されることもあります。そのときは事前に必ずどんな料理か確認してから作るようにしています」

そのおかげで知らないレシピを覚えられて一石二鳥と前向きに話す関山さん。仕事をするうえで衛生面はもちろん、人間関係にも気を配っているという。
「40食もの調理をするのに補助員の方との協力は必要不可欠です。お互い気持ちよく働けるように、指示を出す場合も相手のことを尊重して伝えるようにしています」

また、自分自身も段取りよく動けるように常に一歩先のことを考えて動いていると話す。そんな関山さんは、同社で働く前までは実に様々な仕事を経験してきた。

「夫が転勤族だったので、移動するたびに仕事を変えていました。カーテンの製造工場での作業員や学校の清掃員、前職は新潟でカタログギフトの梱包や入力の仕事をしていました。最初は慣れるまで大変なんですが、いろんなことを体験できた方が自分の性格に合っていて楽しく仕事に向き合えますね」

夫も無事定年を迎えたので、これからは今の職場で元気な限り働きたいと話す彼女。

「ここで楽しく仕事をして、いつまでも夫と仲良く過ごしていきたいですね」

MESSAGE

上司からのメッセージ

関山さんは本当に責任感があって真面目な方だと思います。
店長という立場は発注業務や書類作成と業務が多岐にわたりますが、それをそつなくこなしてくれるので助かっています。わからないことがあればすぐに聞いてくれるので、安心して任せられますね。

DATA

株式会社ニチダン 東京本部

東京都千代田区03-3256-8491

病院、福祉施設、学校、社員食堂の給食委託事業などを展開。1960年の創業以来「真心のおもてなし」をテーマに、「手作り」にこだわり温もりと味わいを追求。安全で喜んでいただける食事・サービスの提供を目指す。